ルキンフォー
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キラキラ
2008年 12月 17日 (水) 02:03 | 編集
17ヶ国目、ボリビアの首都ラパスに滞在中です


え、まだラパス?と思った方、ええ、まだラパスです
なんだかんだで10日以上います 沈没です

一昨日、日本では3月公開のマダガスカル2を一足早く観た
オールスペイン語でほとんどわかんなかったけど、映像だけで理解できた
始まる前の番宣約40分に耐え、そのあとの1時間半はあっという間
やっぱり超おもしろい マダガスカル、行きたかった・・・
しかもたった25ボリビアーノ(約300円)で観れちゃう
日本の映画チケットの高さに改めて驚く

ここボリビアはネパールに続き、日本食のレベルが高い
宿から徒歩20分の距離に「けんちゃん」というごはん屋さんがあり
そこでカツ丼、トルーチャ(鱒)ちらし寿司などなど食べまくり
日本食が恋しくてついつい、足を運んでしまう
夜は屋台が並び、アンティクーチョ(牛の心臓)の串焼きやジュース、
ハンバーガーなどが約65円で食べれてしまうので食べ歩きしまくり
逆におしゃれなカフェもたくさんあってケーキやコーヒーも堪能

治安さえ良ければ、ほんとうに居心地のいい、すてきな街です
日曜日は普段仕事をしているひとが副業として首絞め強盗に豹変したりする
かなりの数の被害を聞いたけど、そういうひとがいるのも事実、でも
困ってたら助けてくれたり気軽に声をかけてくれるひともたくさんいるのも事実
いい面と悪い面、どっちも知ったけどそれでもボリビアがすき

中東・欧州と違って「チーノ、チーノ」と馬鹿にされることも少ない
チーノ=中国人 外見が似ている日本人はよく間違えられる
間違えられることは構わないんだけど、馬鹿にした態度に何度もイライラする
そして日本人だとわかった途端に掌を返したように、媚びる、ひとも多い
なんだそれは、とこころに沸き上がる怒りは旅のはじまりから変わらない
どこの国でも中国人の売春婦が多いことが1つの原因らしいけれど
悪びれもなくごく当たり前に差別するひとたちの顔は、あたしの目に醜くく映る

自分とは違う価値観の人間が、世界にはたくさんいる

南米は陽気なひとが多い地域だ
その明るさに助けられることも多い
だから、南米がすき
スポンサーサイト
JOY
2008年 12月 12日 (金) 03:58 | 編集
オラ、17カ国目ボリビアの首都ラパスに滞在中です



7日 ペルーのプーノへ移動し、朝からチチカカ湖に浮かぶウロス島へ




ウロス島は、トトラと呼ばれる藁を積み重ねた「浮島」
藁の根をまとめ、縄で縛り土台を作って、その上に藁の葉を3Mほど積んである
畳6畳ほどの大きさから350人が生活する島までいろいろある
ウロス島の話を聞いてから、絶対に行ってみたいと思っていた
桟橋からモーターボートで約40分で島に到着 目の前には不思議な光景
自分が藁の上にいるなんて信じられない 飛んでも跳ねても沈まない島
周りを見ると、家もベッドも生活用品のほとんどが藁で作られている
こんな生活がこの世にあったのか、と唖然とするほどのカルチャーショック
訪れた島では6家族が、同じ島で暮らしていた
島全体、いや湖全体に漂うあたたかさに癒され、とてもうらやましく思った
島から島への移動はバルサと呼ばれるこれも藁でできた船を利用する
このバルサに乗れて本当にうれしかった まるでおもちゃの船だ
周りは大きなチチカカ湖、そこに浮かんでいるバルサ、そして自分
自分が人形みたいに小さくなって、おもちゃの船に乗っている、そんな感覚

お昼過ぎにプーノに戻り、バスのチケットを購入しボリビアへ
久しぶりのボロボロバス 4000M級の山越えですきま風が冷たい
でも山の上から見るチチカカ湖は夕日を浴びてとても美しかった
国境は問題なく通過 イエローカードチェックもなく、一安心
22時過ぎにボリビア、ラパスに到着する

8日 ラパスを散策 お昼はボリビア料理 口に合わない
ここラパスは南米の中でも治安の悪さが有名な町 毎日のように首絞め強盗あり
宿では1日2人の日本人が被害にあっているような場所 気を引き締める
パスポートやカードは宿に置いて出かける これで万が一襲われても、旅は続けられる
近くのお土産屋さん街をブラブラ 安くてかわいいものがたくさん
でもここは標高3650Mの高地、歩くだけで息が切れる 疲れる、すぐに休憩

9日 ラパス2日目 お昼からメルカドをブラブラ 坂道がきつい 
ラパスでおしゃれさんが集まる地区へ足を延ばす カフェで休憩 
そのあとレストラン「わがまま」で久しぶりの日本食を食べる
お味噌汁がおいしかった 毎日飲んでいた半年前が懐かしい 

10日 ラパス3日目 宿変え エルソラリオに移動する
レセプションでネパールのポカラで鳥パーティをした仲間に再会
突然のことでビックリする でもうれしかった 彼ももうすぐ旅は終わり
南米メインのはずがアフリカに3ヶ月半もいたそう 旅ってそんなもんだよね
一緒に中華料理屋でランチ 旅の話で盛り上がる

きょう ラパス4日目
朝、屋台に行ってフルーツサラダを食べる 山盛りで約65円
ラパスにも慣れ、ひとりでメルカド巡り 赤いボリビアンカラーの布を買う
街はきょうもカラフルな服を着て小さなハットを被ったおばちゃんたちで飾られる
いいなあ、この風景 

これからアマゾンツアーとウユニ塩湖と世界一の鉱山に行く予定です

copyright (C) ルキンフォー all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。