ルキンフォー
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南米イン
2008年 11月 28日 (金) 01:19 | 編集
オラ、16カ国目ペルーの首都リマに滞在中です


25日 19時過ぎ、リマ国際空港に到着 ついに南米イン
スペインのマドリッドから12時間のフライトで体はもうくたくた
タクシーで宿沖縄に向かい、死んだように眠る

26日 リマを散策 なぜかアジアの匂いのするここ、リマ
昼間でも首絞め強盗やスリが多発 後ろをきょろきょろしながら歩く
英語の通じないローカル食堂でランチ セットでなんと約150円
欧州の中でも物価の安いスペインの10分の1 異世界に来たような錯覚が
街自体は少しキレイで少し汚い、説明し難い混沌さがある

スペイン支配時代のカテドラルはとても大きくて美しい その横には物乞い
ここでも貧富の差が問題になっていることは街を歩くだけで見えてくる
食堂で男の物乞いをしているひとにお金を乞われた 多分、同い年くらい
断りながらも、目を逸らしてしまった自分がいた
直視できない 目の前にいるこの人も、この現実も

あたしは多分、今まで物乞いのいない国に街に安心していたんだと思う
中東や欧州では、ほとんどいなかった いたとしてもきれいな身なりをしていた
南米に入って、汚れで真っ黒くなった物乞いしている人をたくさん見て
きっと自分が責められているようなきもちになったんだと思う 
お金や物を乞われて、断る罪悪感から逃げていたんだと思う 
あたしって、何も変わってない アジアから何も成長してないよ

相手が子どもなら一緒に遊ぶことはできる、でも大人のときはどうしたらいいの
同情するなら、金をくれって昔のドラマであったけど、本当その通りなんだろう

何もできない、いや、何もしないあたしがここにいます
スポンサーサイト
ポポポポポルト
2008年 11月 21日 (金) 06:14 | 編集
ボンディア、15カ国目ポルトガルのポルトに滞在中です


スペインからバスで一晩、ポルトガルのリスボンに到着

欧州の中でも物価も安く古い建物がたくさんあるポルトガル
昔ながらのヨーロッパという雰囲気でとてもすてき



町にはBAR(バル)がたくさん
そこでコーヒーやスイーツが食べれる
ローカルは、カウンターで飲んで食べてお店を出ていく
それがさりげなくて、すごくカッコイイ
そしてエッグタルトの本場とあってめちゃくちゃおいしい
他のスイーツと違って甘すぎなくて何個でも食べれちゃう
ごはんもシーフードが多くてイスラム教国で食べれなかった豚も食べれる
味付けも日本に少し似ててなんだか懐かしくておいしい
ポルトガル人は何にでもオリーブオイルとお酢をたっぷりかける
それがおいしくてサラダにもお肉にもお魚にもたっぷり しあわせ

お城と教会がいっぱいあって町をブラブラするだけで楽しい
もうすぐクリスマス だからイルミネーションがキラキラ
ほんとにきれいですてきな国、ポルトガル



スーパーにはおもしろいカートがあったよ


もっと滞在したいけど、明日スペインに戻って
バルセロナでガウディ建築を観て25日には南米へ
光の束
2008年 11月 17日 (月) 21:44 | 編集
ボンジュール、14カ国目モロッコのマラケシュに滞在中です


朝5時にマラケシュのバスターミナルに着いて宿にチェックイン
そのままお昼まで寝て午後からメディナをブラブラ
野菜屋さんがあったり、お土産屋さんがあったり、カフェがあったり
お肉屋さんではヤギの足や顔が丁寧に並べられて売られていたり
ずっとずっと続くメディナ、ただ歩いているだけでおもしろい

夜になるとフナ広場には屋台がたくさん出始める
生まれて初めて、カタツムリを食べた 形そのまま、味は微妙
でも隣の若いモロッコギャルはおいしそうに食べてた やるなあ

1泊して、夜行を乗り継ぎ国境まで向かう
朝6時着の予定が4時半に着いて、バスを降ろされる
極寒の中、フェリーオフィスの前で開くのを待つ 7時にやっとオープン
9時にタンジェを出港し、お昼前にスペイン側のアルヘシラスに到着
そこからバスでアンダルシア地方のセビーリャへ
14時発のバスに乗るつもりが時差を忘れて乗り遅れる また3時間待ち
17時になってやっと出発 途中、渋滞に巻き込まれ夜に到着
夜はサッカーを見ながらバーでごはん スペインはサッカーが超アツイ

きょうはこれからセビーリャをブラブラ観光して、夜行でポルトガルに向かう
欧州は物価高いけど、やっぱりキレイだし楽しい わくわくする
南米入りまであと1週間、いっぱい贅沢する・・・したいです 
ハチミツ
2008年 11月 14日 (金) 03:13 | 編集
ボンジュール、14カ国目モロッコのフェズに滞在中です


マドリッドからバスと船を乗り継いで22時間、モロッコのフェズに到着

英語がほとんど通じない、アラビア語とフランス語が公用語の国
イスラム教を信仰しているひとが多いけど、今までの国よりもゆるめ
女の子も髪を隠さずに歩いてる子がたくさん おしゃれさんが多い
よく見かけるのは、ゲゲゲの鬼太郎のネズミ男みたいな服を着ているおじちゃん
グレーや黒、緑や水色と色とりどりなんだけどみんなネズミ男に見える
ネズミ男好きとしてはもう大興奮 あっちにもこっちにもネズミ男

きのうはクスクス(パスタをお米みたいに細かくしたもの)とタジン(煮込み)を食べた
中東の味が少しするけど、スペイン料理ともどこか似ていて不思議な味
カフェで食べたお菓子は甘かった 口に入れるとお砂糖たっぷりのソースがじゅわっと
甘いもの好きも、イスラム圏のひとたちには完敗です



これから夜行でマラケシュへ どんな街かなあ、わくわく

あのね
2008年 11月 12日 (水) 00:53 | 編集
ほんとはもっと弱くていいの

ほんとはもっとゆっくりでいいの

強がらないで、焦らないで

そのままの君がいちばんいいの

もっと
2008年 11月 11日 (火) 05:30 | 編集
オラ、13カ国目スペインの首都マドリッドに滞在中です


ヨルダンで感染症に1週間倒れ、4日のフライトを8日に変更
飛行機の故障で7時間待ちになり、8日23時やっとスペイン入り


久しぶりの先進国と呼ばれる国に来てテンション↑↑
町並みはとてもきれいでディズニーランドにいるみたい
プラド美術館にも行きました 宗教画ばっかりで疲れたけど雰囲気がすき
パエリア食べたり生ハム食べたりバーに入ってみたりした
きょうはH&Mでお買い物もした なんだか自分がみすぼらしく思えて笑
待ち行くひとを見て、おしゃれしたいなあ・・・と思った
毎日同じような服ばっかり、旅人スタイルにも慣れすぎて飽きてきた へへ

きょうは空港に行ってカウンターで南米入りの日付を変更
25日にペルーのリマに飛ぶことに 南米はもうすぐだ

きょうの夜行で国境に向かって明後日からモロッコへ
バタバタだけど見所はしっかり見て、ローカルと仲良くして旅を楽しみたい
きょうもスペインは寒いけど元気に毎日遊ぶゾ


スターズ
2008年 11月 01日 (土) 00:09 | 編集
アッサラームアレイクン、ヨルダンのアンマンに滞在中です


28日から30日までの3日間、北部イルビッドへ

JICAの協力隊として働いているひとりの女性に会いに行った
ベトナムで同じく隊員として働いている友だちに紹介してもらった、まゆみさん


難民キャンプ、と聞くと多くのひとはアフリカなどの国連のテントを思い浮かべると思う
テレビや雑誌など、メディアで報道されるキャンプの画はそれがほとんどだからだ
でも、イルビッドのパレスチナ難民キャンプの住居はテントではなく住宅だった
ヨルダン人と同じように、屋根のついた家に住んで難民と呼ばれる人々も生活をしている

まゆみさんのお仕事は小学校の先生 総合学習のような評価のない自由な授業
ヨルダンは、全ての授業に評価があり優等生、劣等生の区別が校内で共有されてしまう
優等生は、褒められる
しかし、劣等生とされている子たちは褒められることを知らない
それを知り、まゆみさんは評価のない自由な授業をしようと決めたという
授業は、絵画が多いそう どの子も褒められ、うれしそうに絵を描いている
その光景を見ただけで、まゆみさんの存在が、JICAという存在がどれだけ
この国、地域、人々にとって必要で大切なことなのかが感じられる 

学校では先生方とご飯を食べたり幼稚園で子どもたちと遊んだり授業に出たり
子どもたちは元気いっぱい 日本の小学校よりも騒がしい、けど活き活きしてる
先生や子どもたちと一生懸命覚えたアラビア語で流暢に話す
任期は2年、今は1年3ヶ月目 ここまでくるのにとても苦労したという
それを乗り越えて、目の前で笑ったり怒ったりしているまゆみさんはキラキラしてる
そんなまゆみさんのお友だちとして、彼女が誇らしかった

学校が終わり、夕方までまゆみさんの知り合いのアラビーの家におじゃました
アラビア圏で自宅を訪問するのは初めて ママはとても優しく5人の子どもたちもとてもかわいい
ご飯をご馳走になり、おばあちゃんの家にも連れて行ってもらった
少しだけだけど、ローカルに近づけたかな うれしかった

夜はお隣さんのミナミちゃんと一緒に日本食を作ってくれた
ミナミちゃんは4ヶ月前に派遣された障害者施設で働く隊員さん
夢にまでみた日本食 ネパール以来の日本食 
1日目は味噌キムチ鍋、オクラのポン酢和え
2日目はちらし寿司、お好み焼き、おそば
ずっと恋しかったほうじ茶も一緒にいただいた 泪が出るほどおいしかった
喜ばせようとしてくれるふたりの気持ちがうれしかった 

2日学校にお世話になり、30日に3人でアンマンへ出発
1ヶ月に1度アンマンで会議があり、ヨルダン中の隊員が集まるそう
会議が終わって、まゆみさんがダウンタウンまで来てくれて一緒にご飯を食べた
少しの時間だったけどたくさんのことを教わって学ばせてもらった
アッラー、この出逢いに感謝です ありがとう

きょうもヨルダンはとても寒いです 日本も寒いのかな 
みなさん、風邪を引かないように気をつけてください
copyright (C) ルキンフォー all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。